Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク


生きているのがつらい・・・

こんにちは!
かぼちゃです。

絶望してしまうほど世の中には
つらいことがたくさんありますよね。

僕も、昔会社を辞めてから
2年半くらい引きこもりになったり
心療内科に通院していた時期がありました。

どちらも僕にとっては非常に
精神的にまいっていました。

友達もいませんし、恋人もいませんし
頼れる人はだれ一人いませんでした。

親も僕のことには無関心で、
見て見ぬふりをしていました。

そんな事があり、
自殺を考えて遺書まで書こうとした
僕ですが、

今は自分でビジネスをしたり懇親会に行ったり
毎日充実した日々を送っています。

では、どうやって絶望から立ち直り
生きていてよかったと思えるように
なったかご紹介していきたいと思います。

絶望で助けてほしいあなたに向けてその1、会社を辞めた後2年半引きこもった


人によって、人生に絶望する話は
違うと思います。

就活、受験、身近な人の死、失恋、職場環境・・・

あげればたくさんあります。

ですが、今回は僕が実際に絶望に
おちた話をしていきます。

僕のプロフィールを読んでもらえば
わかりますが、かなり低レベルな人間です笑

僕のダメダメプロフィールはコチラ

ゆえにかなり悩みも深かったです。

僕は会社を辞めて引きこもった
時期があるわけですが、

働くことはおろか、
外にすら全く出れませんでしたからね。

全ての事が怖くなってしまったのです。
特に人に会うのが。

昔から人と会話するのが苦手で
中学、高校でもほとんど友達が
いなかったんですよね。

休憩時間は寝たふりしてましたし、
体育の時間の「はい、二人組作って~」
でいつも余る存在でした。

あれはもうトラウマですね笑

でもまだ我慢して学校には
言っていたんですが、
ついに限界がきたわけですね。

とにかく人と関わるのが
全て嫌になってしまいました。

毎日毎日将来の不安でいっぱいで
現実逃避するためにネットで動画
ばっか見てました。

昼も夜も一日中。

はっきり言って気がくるってました。

朝は?

朝なんてありませんよ笑
完全に昼夜逆転です。

もう人生完全にあきらめていたので
どうでもよかったのですが、
どうしても何とかしなければならない問題が
ありました。

それは、、、

お金です。

家は、貧乏だったので
お金なんかまったくありません。

だから、お金がなくなれば
働かなくてはなりません。

でも、

「こんな長期間も引きこもった俺を
雇ってくれるところなんてないよ・・・」

「どうしよう・・・」

とものすごく悩んで
いたんですよね。

再就職は絶望的でした。

日本は一度レールから外れると
終わってしまうという風潮があるので
それを真に受けて恐怖でいっぱいでした。

資格もないブランクもある
年齢も気になる。。。

考え出したらきりがなく
考えるほどに行動できなく
なりました。

仕事しよう→でも、雇ってくれるわけない→やっぱやめた

これを延々繰り返してました。

そんな頭の中でごちゃごちゃ考えてないで
とっとと行動しろ!

と今の僕なら言いたいですね笑

とにかく頭の中で考えてばかりで
先に進まなかったわけです。

そんな事が2年半続きました。

ですが、ついにそんな引きこもり生活と
おさらばする日がきました。

それは、ある日の昼に起きた
日本全土を揺るがす大きな出来事でした。

そう、それは2011年3月11日に起きた
「東日本大震災」
です。

幸いなことに僕の地域は
そんな被害がありませんでした。

ですが、ですがですよ!

その結果、
親の仕事が激減し
暮らしていくことが困難になりました。

もうホームレスになる一歩手前まで
行きました。

どんだけヤバい状態だよWWW

と思われるかもしれませんが
ガチです。

これはもう働くしか生きる道は
無いとそう思った僕は
急いで仕事を探しました。

とりあえずバイトでも何でもいいから
片っ端から探すぞ!

とハローワークにいったりタウンワークの
求人に応募しまくりました。

色々な求人をあたって面接もしたんですが
ことごとく不採用!

結構つらかったです。。

でも、へこんでいるヒマは無かったので
ひたすら前に進みました。

そしたら、何とかバイトの面接に
受かりました。

とりあえず一安心しました。

人間って追い込まれると
すごい力を発揮するもんだと感心しましたね。

それでなんとか引きこもりから脱出する
ことには成功したわけですが、
まだ絶望する出来事はありました。

絶望で助けてほしいあなたに向けてその2、心療内科に通院する羽目に


しばらくリハビリを兼ねてフリーターを
続けていたんですがそれが問題でした。。。

今度は、正社員になるのが怖くて
フリーター生活をやめれなくなってしまったんですね。

日本では、正社員信仰があって
正社員じゃなければ人間として
見られないというこれまた謎の風潮を
当時は信じ切っていました。

そんなわけないだろW
と今なら思いますが、
情弱だった僕はそれが
正しいと思っていたんです。

一応何社か受けてみたんですが、
どれも不採用だったので
だんだん心が折れてきました。

「俺なんか社会に必要とされていないんだ・・・」

そんな自己否定を頭の中で
繰り返している内に
精神を病んでしまいました。

そして、ついに心療内科に通院するに
至りました。

心療内科に通院して思ったこと

初めて通う心療内科。。。

内心不安と期待が入り混じって
ました。

心療内科に行った感想ですが、
正直全く意味がありませんでした。

簡単なカウンセリングと薬を
渡されただけなので
何も変わることがありませんでした。

スポンサーリンク

薬は確かに初めのころは
効き目がありました。

ですが、段々薬の効果が薄くなり
逆に副作用が目立ってきました。

頭がボーっとしたり、
注意力がおちたりと
何気に結構ヤバかったと
思います。

ヘタすりゃ事故ってたかもしれ
ませんからね。

なので、僕は薬に頼るのは
やめるべきだと思います。

薬では、治りません。

薬は症状を一時的に抑える
だけです。

薬で治すのではなく、
行動療法や食事で治すべきです。

例えば、日光を浴びたり
バランスのいい食事をとったりですね。

特に、日光を浴びるのは
オススメです。

僕もそれでだいぶ良くなりましたから。

まあ何とか、薬をやめる
ことは出来ました。

色々あったんですけど、
結局自力で解決しました。

就活が成功したわけでは
ありません。

自分でビジネスをやるという
第3の道を見つけたからです。

よく困ったときは誰かに頼れとか
いいますけど、

そもそも頼る人なんていねーよW
って話ですよ。

頼る人がいれば頼ってもいいですけど、
重要なのは自分自身で変わろうと
することですね。

僕は、自分を変えられるのは自分自身
しかないと思います。

人をあてにするのは間違っていると思います。

人に依存するとその人に見放されたら
終わります。

なので、自分の力で生き抜く力を
付けることがなにより大事だと
考えています。

だから、僕は自分でビジネスをやるという
道を選択したわけです。

絶望で助けてほしいあなたに向けてその3、自分のやりたい目標を作るべし


やっぱり目標って大事ですよ!

絶望してしまう人の特徴として、
人生の目標がないことが多いんですよね。

目標が無いとヒマな時間が増えて
無気力になっていきますから。

そして無気力になると、
頭の中は不安になっていき
うつとかになってしまうんです。

何かやることを作った方がいいですね。

「でも何をやったらいいかわからない・・・」

そういった人もいると思います。

何もやることが見つからない人は
とりあえず在宅でもできること
オススメします。

クラウドワークスに応募したり、ブログを書いてみる

例えば、ブログを書いて情報発信したり
クラウドソーシングに応募してみたり
したらいいかと思います。

クラウドソーシングとは
簡単に言うと
在宅でできるパソコンなどを使ったお仕事ですね。

ちなみに僕はクラウドソーシング会社の中で、
クラウドワークスがオススメです。

クラウドワークス

なぜなら、
初心者でも使いやすいからです。

ちなみに僕はココで
ライターさんを5人くらい雇っています。

ライターと言うと何やら
難しそうだと思われますが、
そんな事はありませんよ!

僕が雇ったライターさんは全員
初心者でしたから。

でも、キチンと教えてあげたら
すぐに上達してすごく助かっています。

中には、記事を書くのが楽しくて
しょうがないという人も
いらっしゃいます。

クラウドワークスの仕事は、
主婦の方が多いんですが、

うつ病で外に働けなくなった
方や社会とのつながりが欲しい方も
ご応募にきます。

基本的に面接や履歴書は不要なので
もし長い空白期間などあっても
ご応募可能です。

むしろ、本業などが忙しい方は
そっちを優先してバックレてしまう
人が少なからずいるので時間に余裕が
ある人の方が僕個人としてはいいかなと思っております。

真面目に納期を守って
素直にこっちの指示を聞いていただける人の
方がクライアント側も付き合いやすいです。

少なくとも僕はそう思っています。

とりあえず登録だけしてみて
色んなお仕事をみてみて欲しいんですよね。

ライティング以外にもいっぱいありますから!

イラストを描いたり、データを入力したり、
アフレコしたりと本当にたくさんあります。

何もしないで考え込んでいると
また不安に押しつぶされてしまいますからね。

何か作業に没頭して
なるべく考えないようにしましょう。

そのためにクラウドワークスは、
オススメです。

ライティングの仕事に応募して
ライティング力を鍛えつつ
ご自身でもブログを書いていくのが
一番僕はいいかなと思います。

ブログを書いて誰かに読まれれば
すごく嬉しいし、もしかしたら
懇親会みたいなのもできるかもしれませんからね。

それは、それで楽しそうですね!

とまあ、そんな感じです。

絶望で助けてほしいあなたに向けてまとめ


今回は僕の話を中心にしました。

僕も結構人生に悩みましたが、
それでも今は楽しく生きています。

もちろん、僕以上に大変な目にあってきた
方もたくさんいらっしゃると思いますが
同じ絶望を経験したものとしてアドバイスできることが
あると思いこの記事を書きました。

そして僕のオススメとして、

1、クラウドワークスに応募してみる
2、ブログを書いてみる

などを提案させていただきました。

クラウドワークスに応募するのが
なんか怖いという方はとりあえず
登録だけでもしてみて下さい。

クラウドワークス

無料ですし、世の中にはこんなお仕事が
あるんだと発見にもなります。

その中からやりたいことが見つかったら
最高じゃないですか。

もしやりたくなかったら
やらなければいいんです。

登録は無料なの損することは
一切ありませんから。

とりあえずほんの少しでも
何か行動することが絶望から脱出する
カギとなりますからね。

現実逃避とおさらばしたいあなたにオススメ
【実体験】元現実逃避ニートが脱出するきっかけになったお話をご紹介

現実逃避がデフォルト状態なあなたへオススメの記事
今度こそ現実逃避の癖を治したいあなたへ!今日からできる解決法5選

スポンサーリンク