Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク


こんにちは!
かぼちゃです。

・運動できない
・モテない
・友達いない
・勉強できない
・やる気ない
・コミュ障
・身長低い
・性格悪い
・素直じゃない
・プライド高い
・家が貧乏だった
・元引きこもり
・・・

まだまだ書き足りないですけど、
これ全部僕の事です。

僕は、この世のマイナスエネルギーを
全て背負って生まれてきました。

恐らく僕以上に劣っている人
は存在しないかと言うくらい
劣ってました。

そんな劣等感まみれの僕が
今回劣等感について調べてみましたので
まとめてみます。

攻撃的になる劣等感


これは、

成功者や恵まれた家庭に
育った人を妬んで批判する事ですね。

僕もコレよくありましたね~。

某大手ネット掲示板に
悪口を書き込んだりは・・・

してないんですが、
テレビの自分より年下の
やつらがチヤホヤされているのを観て、
凄まじい劣等感に襲われていました。

そして、テレビ越しに
悪態をつくわけです。

「クソガキが、本当恵まれた家で
育ったやつはずりーな」

とかいっちゃうわけですね。

マジで性格ねじ曲がって
ますよね笑

そんなゴミみたいなやつが、
悪口言っても成功者には
なーんもダメージありません。

余計みじめな気になるだけです。

その場では、ちょっと
気持ちいいかもしれませんが、

そんな事やってるとますます性格が
悪くなるのでやめた方がいいですね。

自慢話をする劣等感


これは僕はあんま当てはまらなかったです。

なぜなら自慢できるものが
何一つなかったですから笑

ただ、他人の自慢話ほど
聞いていて不快になるものはないですね。

特にモテ自慢が
死ぬほど僕は嫌いです。

なんかやたらと
モテアピールしてるやつみると、

あ、コイツたいして
モテねーなと思ってしまいます。

でも、こういうやつに限って
モテたりするのがムカつくんですがね。

まあ、本当にモテまくる人は
そういう自慢しませんけどね。

逆に変なやつに好かれて
嫌になってるかもしれませんね。

自慢話は、自分はいい気になる
かもしれませんが、
相手には何のメリットも
ないのでやめた方がいいです。

不幸アピールする劣等感


これも僕はあんました事
ないですね。

なぜならめちゃくちゃ性格暗くて
そもそも話す相手がいなかった
ですからね。

悲しいですね泣

でも、周りに不幸アピールしまくる
やつがいて正直うざかったですね。

それもたいした事で
悩んでないっていう。

こういう事しちゃう人って
常にかまってちゃんモード
なんですよね。

自分の自信のなさから
こういった不幸アピールは
でるんですが、

聞かされている方は
たまったもんではないです。

たまにならいいと思いますがね。

人間誰だって弱みを吐き出したいときも
ありますからね。

でも、毎日聞かされるのは
きついです。

アファメーションは確かに効果あるが・・・


アファメーションとは、
簡単にいうと肯定的な自己暗示を
自分にかける事です。

要は全ての事を無理やり
肯定的に考えまくるんですよ。

そうする事でネガティブな思考を
捨てようとする方法です。

例えば、
遅刻しそうになって
大変な思いをした。

と思うのではなくて、

無駄な時間を
過ごさなくてすんだ。

他にも、
財布を忘れてしまった時、
しまった、ついてねーな。

と思うのではなく、
無駄遣いしなくてすんだ、ラッキー!

さらにもう一つ、
僕は仕事が全然できない
もうお終いだ!

と思うのではなくて、

僕が今の仕事できないのは、
他に向いてる仕事があるからなんだ!

みたいに、

否定的な表現を
無理やり肯定的な表現に変える

わけです。

そういう肯定的な考えで
日々を過ごすと自然と自信が
湧いてくるわけです。

ただ、これは根拠のない自信
なので長期的には
使えません。

時間が経つと
元の考えに戻ってしまい、
現実は1ミリも変わりません。

習慣化に成功すれば
肯定的な考えを常にできるんですが、
ただ目に見える自信も同時に作らないともろいです。

根拠のない自信は
簡単にいうと、
張りぼてみたなものですね。

激しい雨風がくると
あっという間に崩れ去ります。

それよりもしっかりとした
土台のある巨大な城を建築した方が
いいです。

根拠のない自信は誤魔化しの
テクニック。

それも大事だが、
根拠のある自信を作らないとダメ。

根拠のある自信は、
簡単にいうと実績です。

例えば、

・東大に合格した
・異性と100人以上付き合った事がある
・TOEIC850点とった
・部活の大会で優勝した
・年収1000万以上ある
とかですね。

でも、特に何も挑戦する事が
みつからない・・・

スポンサーリンク

そんな人もいると思います。

実績何作っていいかわからん人は
金銭的な成功目指すのがいいと思います。

そのために僕は、
ビジネスを推奨しています。

それもネットビジネスですね。

ネットビジネスはポケモンと一緒


僕がネットビジネスを勧める理由は、

・ほぼ0円で始められる
・家にいながらできる
・兼業でもできる
・人を雇わないでもできる
・人と直接会わなくてもできる
・ネットの情報感度が上がる

失敗しても
ほとんど損はありません。

むしろ経験値が
増えてプラスになります。

なので、リアルビジネスと比べて
ハードルが低いです。

この徐々にレベルアップできるのが
ネットビジネスの優れたところです。

ポケモンで言えば、
はじめはコラッタやポッポを倒しながら
とりあえずレベル6、7になりますよね?

そして、少しづつ先に進んで
ニドリーノとかサイドンとか
強いポケモンと戦って
レベル40、50と徐々に上げていきますよね。

ネットビジネスも
これが可能なんです。

リアルのビジネスなら
レベル5の段階でいきなり、

レベル28のゴルバットとか
レベル31のマタドガスとか
はじめの草むらに出てきますからね。

それって無理ゲーじゃないですか?

最初から強力なポケモンを
もっていたり、
戦いを有利に進められるアイテムを
もってないと突破できないと思います。

その理由は初期投資に
すごいお金がかかるからです。

何百万も資金を用意して
失敗したら借金になるのって
普通は耐えられないと思います。

中には借金するのなんて
怖くない人もいるかもしれませんが、
そういう人はメンタルがぶっ飛んでます。

僕は恐ろしくて
マネできないな~。

でも、ネットビジネスなら
最初の草むらでコラッタやポッポを
倒しながらコソコソレベルアップ可能なんですよ。

それは先ほどお伝えした
上記のような特徴がネットビジネスには
あるからです。

ぶっちゃけ、
世の中の99%は金で
解決できます。

世の中金が全てじゃない、
貧乏でもバカでも私は幸せです。

と言う人も中にはいると思いますが、
僕からしたら強がりに聞こえて
しまいます。

僕自身家が貧乏で
ものすごくつらい思いを
してきました。

欲しいものも買ってもらえず、
同級生にはバカにされ、
家も狭くて兄が威張って
自分の居場所なんてありませんでした。

それゆえに自分に自信がなくなり、
劣等感を常に抱えて生きなくては
なりませんでした。

楽しかったことなんて
一度もなかったです。

僕はそんな環境で生きてきたので
お金の大切さはよくわかります。

僕はビジネスを自分で始めるように
なって、起業家の人たちとお話を伺う
機会が増えたんですが、

起業家の人たちって
ものすごく人生楽しそうなんですよ。

それは単純にお金をいっぱい持っている
というよりも、
自分の力でお金を稼いでいることに
たいする圧倒的な自信からですね。

ビジネスって誰かに
価値を提供しないと1円も稼げないんですよ。

お金をたくさん稼いでる人は
それだけ世の中に価値提供している
わけですね。

つまり、たくさんの人から
必要とされる存在なわけです。

そういった存在になれば、
劣等感なんて消し飛ぶと
思うんですよ。

僕も劣等感を抱くようになった
最初の原因は貧乏でしたから。

貧乏ゆえに周りからバカにされて
落ち込み、他の事にも自信なくなって
全てにおいて劣等感に支配されるように
なりました。

そんな経験があったからこそ
今僕は自分でビジネスをやりはじめて
お金持ちを目指しているわけです。

さらに、お金を稼ぐ過程で
コミュ力も上がりますしモテやすくなります。

ビジネスは人を扱うゆえに
異性の扱いもうまくなるんですよ。

つまんないやつとは付き合いたくないですよね?

つまり異性を楽しませる話を
できるやつがモテます。

楽しい話をできる人=価値を提供できる人

ビジネスで言えば、

素晴らしい商品を紹介する人=価値を提供できる人

という事になります。

ビジネスも恋愛も
人の心を動かさないといけないのは
一緒ですから。

ビジネススキル上げる事によって
こういった能力も上がるわけです。

劣等感はかめはめ波並みのエネルギーを持っている


劣等感ってマイナスな印象が強いと
思いますが、

実は人が成長するためには
ものすごく強力なアシストを
してくれます。

そもそも劣等感を持つという事は
現状の自分には満足できない
という事です。

つまり、自分はもっともっと
上に行きたい。
社会に認められたい。

そういった思いが
強いわけです。

何も劣等感なくのほほんと
生きてる人達に比べれば
圧倒的に将来成功する確率は高いです。

というか、日本人って
危機感ない人多すぎますよ。

みんな全然勉強しないですし、
挑戦もしません。

とりあえず現状維持しとけば
大丈夫だと考えています。

それに比べれば、
自分の弱さと向き合い改善しようと
しているだけですごいですから。

もし何も改善する気がなく
あきらめていたら僕のこの記事なんて
読んでませんからね。

自分を変えようとしているだけでも
何も変わろうとせず適当に生きてる人たち
よりも勝ってますからね。

でも、方向性は間違えたら
ダメですよ。

その強力なエネルギーを
誰かに復讐するために使ったり
誰かを攻撃するために使っては
ダメです。

そうじゃなくて、
人の役に立ったり、
人を喜ばせたりするのに使いましょう。

劣等感のもつ強力なエネルギーを
正しい方向に向けるのが
僕は一番大事だと思います。

僕の行動が遅かったせいで後悔したことを書いています。
20代をドブに捨てて絶賛後悔中!人生は有限だから早めに行動しよう

サイバイマン以下の低スペック人間のお話です。
自分より下がいない事にいつも苦しんでいた

スポンサーリンク