Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク


こんにちは!
生まれてから30年間くらい
自己嫌悪していたかぼちゃです。

突然ですが、
昔の僕は楽しそうに生きてる
奴らがムカついてしょうがなかったです。

そして、
「ちっ!いいよなあいつらは人生楽しそうで」

とかクソみたいな言葉を
吐き出すんです。

超絶に性格がねじ曲がって
ましたね。

そして、その後に

「それに比べて俺は・・・」

とか自己嫌悪します。

ハッキリ言って全く生産性の
ないクソ野郎でしたね。

でも、今はそういったネガティブマインドから
脱却し楽しく人生を過ごしております。

自分でも不思議なんですけど
人は変わろうと思えば何歳からでも
変われます。

僕も30歳で、
変わることができましたからね。

そんな僕がどうやって自己嫌悪の檻から
脱獄することに成功したか書いていきます。

自己嫌悪しないアドバイスその1、自己嫌悪は成長しようという意志だ!


そもそもなんですけど、
自己嫌悪するというのは
誰かと比較して起こります。

テストの点数でも、

「クソ-あいつが90点なのに俺は40点か・・・」

とか比較対象がいるから
悔しくて自己嫌悪しますよね?

つまり、そいつを超えたいという意志によって
自己嫌悪するんですよ。

だって、何とも思わないんなら
気にしないですよね。

まあ、どうでもいいか。

と軽く受け流せると思います。

なので自己嫌悪は成長したいという
気持ちの裏返しなんですよね。

僕も自己嫌悪がひどかったんですけど、
それは悪い事ばかりではなかったんですね。

そのおかげで今は、
めちゃくちゃ勉強するようになりましたからね。

まあ、僕の場合は誰かに勝ちたいというより
世の中に取り残されたくない
という思いから勉強していますが。

なので、自己嫌悪をプラスに
変換するようにしましょう。

でも、どうやってそんな風に
すればいいかわからない・・・

そんなあなたに
僕がやっている具体的な方法を
ご紹介します。

とにかく知識を増やす


これにつきますね。

知識を増やすとすごい自信つくんですよね~。

特に本を読むのがオススメです。

「へえ~こんなものがあるんだ」

とか、

「これは使えそうだな!」

とかわかるようになると
頭がよくなりますし、

なにより知的好奇心が
満たされて楽しいんですよ。

知識が積み重ねて
いけば他人が知らないことを
知ることになるので当然自信つきます。

これは僕の偏見かもしれませんが、

世の中のほとんどの大人は全く勉強してません。

月に1冊も本を読まないなんて
ザラです。

よく日本人は、勤勉だと言われますが
あんなの全くの嘘です。

ただ、人から言われたことを
我慢して続けることができる
能力が高いだけです。

つまり、指示待ち人間ばかりなのです。

そこには主体性が
存在していないのです。

特に一番危険だと思うのは
家に帰ってからすぐにテレビのリモコンを
つける文化がある家庭です。

テレビみたいな受動的なメディアを
ボケーっとみても脳は全く活動していません。

さらに、テレビ局の流す放送は
全部テレビ局に都合のいい情報です。

有益な情報なんて皆無です。

逆に本を読むのはかなり
頭を使うのでいいです。

というよりも本を読むという行為自体
すでに主体的なので
かなり世の中の勉強しない
大人たちよりリードしています。

読書が好きな人たちは
自信を持っていいと思います。

僕的に自信は買ってでも
しろと思います。

とにかく日本人は自信ないですからね。

過信するレベルでもいいです。

どんな小さなことでも
自信を持ったもん勝ちです。

今日は1個知識が増えたぞ!
どうだ、俺頭いいだろ!
いやっほーーーーーーーーーー!!!!!!

と大声で叫んでも問題ありません。
たった1個でもいいんです。

ただ、人前で口に出すと
嫌な奴だと思われるので
やめた方がいいと思います。

こっそり自分の部屋で
腹の底から叫びましょう。

自己嫌悪しないアドバイスその2、悩む暇がないくらい忙しくしよう


僕が引きこもりだった時の話なんですけど、
とにかく暇だったんですよね。

コチラに詳しく書いています。

暇だと本当にろくでもないことしか
考えられません。

・将来どうしよう・・・
・本当に俺は人間の屑だ・・・
・みんな働いているのに・・・

とかネガティブなことで
頭が支配されるんですよね。

そういった事から逃れるために
とにかく寝てましたね。

対して眠くも無いのに。

惰眠を貪るスペシャリストと化して
いましたね笑

そんな暇あるなら
何か行動しろよって話ですよね。

そんなダラダラ寝ていたら
寿命終わるわ!

なので僕は今は暇な時間が
ないくらい自分で忙しくしています。

忙しいと余計なこと
考える時間なんてありませんから。

暇な人はブログを書こう


暇な人はブログを書くことを
オススメします。

ブログで情報発信していれば
かなりの暇つぶしになります。

一日一記事でもいいので
書いてみると
いいと思います。

さっきご紹介した
知識を増やして自信をつけるという話と
繋がりますが、

本などを読んで増やした知識を
情報発信すれば一石二鳥になります。

僕は、知識は使わなければ
意味がないと思っています。

せっかく学んだんだから
誰かに教えてあげて役になってもらった方が
絶対にいいです。

スポンサーリンク

さらに面白ければ人が
集まってきて懇親会でも
開けば新しい人脈もできます。

自己嫌悪してしまう人の特徴として、
周りの人間関係が否定してくる人
ばかりである可能性が高いです。

そんな否定してくる人達とは
距離を置いて自分を好きになってくれる人たちと
仲良くなるべきだと僕は思います。

基本的に自分のブログに集まってきてくれる
人達は自分と価値観が近い人たちが
多いです。

そういった意味でも
ブログを書くのはオススメです。

ブログが大変そうだと考えているなら
Twitterでもいいです。

Twitterなら140文字以内で
文章を書かないといけないので
楽です。

1日140文字程度だったら
楽だと思いませんか?

本で学んだ知識を要約すれば
ネタは無限にあると思うので
オススメですね。

とにかく頭を暇にさせないように
しましょう。

自己嫌悪しないアドバイスその3、劣等感を自己開示していこう


劣等感をさらけ出すのって
恥ずかしいと思いませんか?

僕はめっちゃ思ってましたね笑

なんか自分の弱いところを
さらけ出すのってなめられる気がして
すごく嫌だったんですよね。

なので、強がっていたわけですよ。

でも、それは間違いだったんですよ。

そうやって強がっている奴のところに
人はよって来ませんよ。

人は自分の弱さをさらけ出して
くれた人には心を開いてくれる
んですよね。

これは心理学的にも証明されています。

でも、リアルではなかなか恥ずかしくて
できませんよね。

僕も、リアルで元引きこもりでしたって
カミングアウトしたのって数人しかいません。

それもそんなに事細かくは
伝えていません。

ですが、インターネット上なら
心置きなくさらけ出せるんですよ。

匿名で活動すれば
特定されることはありませんからね。

これは実際に合った事例なんですけど、

僕はクラウドワークスという
サービスを使ってwebライターさんを
雇っています。

当然募集文言を
書かないといけないんですが、

そこに僕の引きこもって
いた時のエピソードを書いたら、
共感して僕の仕事に応募してくれた人が
何人かいたんです。

「〇〇さんの募集文言をみて
感動したので応募いたしましたー!」

みたいな感じで言ってくれた人も
いました。

それはもう嬉しくて感動しましたよ!

そのライターさんとは、
かなり打ち解けることが
できましたのでお互い楽しくやっています。

というように
自分の弱みをさらけ出すと
それに共感してくれる人が
世の中には必ずいます。

職場や学校以外にも、
人はいっぱいいますからね。

インターネットの力で
自分の好きな人達と
繋がるのも容易になりましたから。

発信していて嫌だなあ・・・
と思うことがあればいつでも
逃げることができるのもいいですね。

そして、また発信したくなったら
名前を変えて活動すればいいんですよ。

自己嫌悪しないアドバイスその4、新しい仕事をしてみる


僕が言っている新しい仕事というのは
何も転職しろと言っているわけではありません。

在宅でできるお仕事も
あります。

それがさっき言っていた
クラウドワークスでのお仕事ですね。

まあ正式にはクラウドソーシングっていう
んですけど、

簡単に言えば自宅で
パソコンなどを使ってする仕事ですね。

そのクラウドソーシング会社の
なかでもオススメがクラウドワークスって
いう会社です。

クラウドワークス

僕はココで5人のライターさんを
雇っています。

何でクラウドワークスが
良いかと言うと
初心者でも使いやすいんですよね。

ライター以外にも、
デザインやホームページ制作
などいっぱい面白い仕事があります。

今の職場にあきていたり、
僕もそうだったんですが、
引きこもりだったりうつで外で
働けない人にオススメですね。

新しいことに挑戦するのって
本当に大事ですよ。

僕も、引きこもっていた時は
毎日が同じことの繰り返しでした。

ハッキリ言って2年半の引きこもり生活で
やったことはほとんど覚えておりません。

覚えているのは惰眠を貪っていたこと
だけですね笑

そんなことしていたら
脳みそが腐ります。

刺激と言っても無理に
外にでて探しに行かなくても
あります。

特にライター業は、
文章を書く仕事ですので
頭を使う訓練になります。

文章を書く仕事って難しそう。。。

そう思われるかもしれませんが、
そんな事はありません。

僕の雇ったライターさんは
全員初心者でしたから。

でも、少し教えてあげたら
すぐに上達していきました。

自分がどんどん成長していく
ことが実感できるので
楽しいですよ。

これってかなり自信がつきますよ。

ついでに文章力も鍛えられるので
ご自分で情報発信をするさいに
も必ず役に立ちますからね。

やるかやらないかは
お任せしますが、

登録だけなら無料なので
案件を見てみるだけでも
いいと思います。

本当に色んな仕事
がありますからね。

自分の世界が広がりますよ。

クラウドワークス

自己嫌悪しないアドバイスまとめ


自己嫌悪しないアドバイスをまとめると、

1、自己嫌悪は成長しようという意志である
2、悩む暇がないくらい忙しくする
3、劣等感をさらけ出してみる
4、新しい仕事に挑戦してみる

とにかく新しい外部刺激を
あびて今までの固定観念を
ぶち壊しましょう!

ブログをはじめてみたいと思ったら読んで欲しい記事
ニートや引きこもりがブログを始めた方がいい理由

絶望から自力で脱出した元引きこもりのお話し
【体験談】絶望したけど誰も助けてくれないので自力で復活したお話

スポンサーリンク