Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

こんにちは、かぼちゃです。

僕も2年半位引きこもっていたんですが、
まあ、何にも得るものがなかったですね。

本当に意味のない毎日でした。

何もする気が起きなかった

虚無の時間が流れてました。
逆、精神と時の部屋でしたね。

つまり、外では1年変化してるのに
家の中は1日しか変化してない感じです。

それだけ、なあーんもしてないわけですよ。

勉強しない、行動しない、人と関わらない・・・
生産性のある事何一つしてないんですよね。

そんな奴みてたら、誰も助ける気が起きないですよ。
そもそも、存在自体知られてないけど。

せめて、本をたくさん読んだり何か勉強
すればよかったんですがね。

しないわけですよ。

知識をいっぱい詰め込んどけば、
ブログやツイッターで情報発信して
お金を稼げるのに。

何もしてないと、どんどん色んな事の
ハードルが上がっていきます。

僕なんて、服着替えるのすらめんどくさかった
ですから。

時間があると錯覚しているので
とにかく、何でも後回しにして
後でやればいいか思考でした。

将来に対して、漠然とした不安はあるものの
目先の快楽に飛びつき現実逃避しちゃうんですよ。

ゲーム、漫画、アニメ、動画、2ch・・・

どれも、ハードルが低い快楽で誰にでも
簡単にアクセスできる代物ですね。

友達と遊んだり、恋愛とかはハードルが高い
欲求なので引きこもりには無理ゲーです。

真の快楽は人と関わる事でしか達成できない
んです。

だから、人と関わらずに楽しめる快楽を
追い求めてしまうんですよ。

当然、そんな仮初の快楽なんてすぐに飽きます。
短時間なら面白いですけど、1日中もやってられません。

劣等感がひどい

マジで、劣等感のかたまりでしたからね。

普通の人にすら劣等感もってました。
友達がいたり、恋人がいたり、いい会社に就職していたり、
いい大学に入っていたり、広い家に住んでいたり・・・

ありとあらゆるものに劣等感持ってました。
自分と同じ人間とは思えない、
そんな感情を持ってました。

僕の家は、貧乏でひどい家庭環境だったのもあるんですが、
引きこもっていた時は劣等感MAXでした。

なんなら、小学生にすら劣等感持ってました。
こんなに親に愛されて将来立派になるんだろうな
と思ってました。

まともな大人では、ありえないキモイ発想
をしまくってました。

こいつらが幸せな分、俺が不幸になってるんだ。
俺ばっか損させられて世の中不公平だ。

と意味のない事を考えていました。
あらゆるものが自分の敵に見える
状態だったわけです。

好きで引きこもりになったわけでは無いんですが、
意志が弱く優柔不断かつコミュ症の僕は、
社会に必要とされてない存在でした。

今は引きこもりから脱出できてますが、
もし10年以上引きこもっていて40位まで
何もせずに生きていたかと思うとゾッとします。

引きこもりは、長ければ長いほど
悪くなることはあっても、良くなることはありません。

40過ぎたら本格的にヤバくなる

僕は、30代までは何とかなると思ってますが、
流石に40を超えてくると色々とヤバい問題が起きて
来ると思います。

「40超えたら生活保護とればいいや」
という考えはあまりに危険なので捨てた方がいいです。

生活保護申請はかなり厳しい審査を通過しなければなりません。
まず長時間面接され、身辺調査、身内調査を徹底的にされます。

国に保護を求める前に身内に保護を求める様に言われ、
兄弟や親戚をたらいまわしにされます。

当然、めっちゃ嫌がられます。
40過ぎたおっさんなんて、誰も面倒見たくないですからね。

仮に、面倒見てくれるといっても
かなり肩身が狭い生活になると思います。
とても、精神的に耐えられないと思います。

スポンサーリンク

うまく生活保護の申請が通っても、
いつ打ち切られるか分かりません。

年々、受給金額も削減され
基準も厳しさを増すばかりです。

一般の人の意見としても、
税金も納めてない連中に税金投入するぐらいなら
俺たちの年金に当てろよという人が圧倒的に多いです。

なので、国には期待しない方がいいです。

政治家は、自分に投票してくれる人の為に
仕事をします。

引きこもっていて、選挙に行かないし
税金も納めない人に興味はありません。

建前上は、引きこもりを救済しようとしてますが
ぶっちゃけどうでもいいと思ってます。

助ける価値のある人しか救わないのです。

手遅れになる前に、少しずつでいいから行動しよう

僕も、下手したら手遅れになっていたと思うので
あなたにはこうなってほしくないと思いきつめに書きました。

僕は、引きこもりそのものを否定しているわけではありません。
ただ、お金だけは何とかしないと詰んでしまいます。

親がお金持ちならば、無理して社会にでて働く必要は
ないと思います。

お金持っている人は、お金をジャンジャン使ってくれた方が
経済も活性化しますからね。

働いているとお金を使う時間も減りますから。

でも、お金がない人は
何としてもお金を稼がなければいけません。

家が貧乏なのは、親の責任なので
親のせいにすればいいんですよ。

よく、
テレビのコメンテーターとかが
「信じられない・・・」
「親の気持ちが考えられないの!?」
「親に感謝するのなんて当たり前だ」

とかやたら親を擁護する意見が目立ちますが、
本当に虫唾が走ります。

感謝っていうのはされたからするもんだろうが、
貧乏がどれだけつらいと思ってやがるんだ。
あんたらは、恵まれた家庭で育ったからわからんだろうがね。

と思います。

けど、誰かのせいにしても意味ないんですよね。
親はどうでもいいですが、自分の幸せは自分で勝ち取るしか
無いんですよね。

引きこもっていて人生終わりなんて悲し過ぎます。
せっかく生きてるんだから楽しみましょう。

なので、少しずつでいいから行動しましょう。

別に僕は、正社員になる事を押しているわけでは
ありませんが、

いきなり、正社員を目指そうとしても挫折します。
というか、やりません。

ハードルを上げ過ぎると、
やるかやらないかの二択になってしまうからです。

例えば、
両足が骨折して入院しているとしましょう。

まずは、しばらく寝たきりで安静にしますよね。
その後、リハビリをします。

けど、いきなり走れないですよね。

まず、立ち上がる事から始めて、歩けるようになり、
走れるようになりますよね。

引きこもりも一緒で、リハビリが必要です。
まず外に出る、慣れたらコンビニや図書館に行く、
さらに慣れたらバイトする。

最初は、外に出るだけでも相当な精神エネルギーを
必要とするので無理はしない。

達成出来たら、自分にご褒美を与える(ケーキでもプリンでも何でもいいです)。
これが結構大事です。

しないといけないから、するといいことがあるに
マインドを変えやすいです。

とりあえず、バイトできるレベルになればなんとかなりますんで。
正社員になれなくても、お金を稼ぐ手段はありますから。

バイトで、稼ぎながらネットビジネスでも勉強すればいいんですよ。
まずは、バイトしてそれから考えましょう。

引きこもり直後のオススメバイトをご紹介しています。
いきなりコミュニケーション力が問われる仕事は
避けた方がいいと思います。
引きこもりはバイトから始めるべき/単純労働がいい

自己否定が治らない人にオススメしたい記事です。
自己否定の原因を完膚なきまでに叩きのめす方法はコレしかない!

スポンサーリンク