Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク


こんにちは!
かぼちゃです。

今回は僕が精神的に落ち込んでいる
時によく読んでいるデールカーネギーの
名著「道は開ける」についての
感想・要約を書いていきます。

この本は心が不安定な人や
うつなどの精神疾患に悩んでいる
人に是非読んでもらいたい本です。

僕もこの本を読んで
救われた事が何度もあります。

自己啓発本なので
とても読みやすいです。

読書初心者でも
とっつきやすいです。

それでは、ご紹介していきます。

今日1日だけを生きる

人はたった1日だけ
生きるだけでいい。

はあ?何言ってんの?

と思うかもしれませんが、
これを心にとどめておくのと
おかないのでは全然心の
安定感が違います。

僕は現在30歳なんですが、
現在バイトをしながら自分でビジネスを
しています。

世間一般からみると
社会不適合者にみえるかもしれません。

30歳にもなれば、
会社にいればそれなりの
立場になり後輩を指導したり
する事もあります。

結婚もし子供もいても
おかしくない年齢でもあります。

そんな中、まともな定職にも
ついてない状態はハッキリ言って
ダメ人間のレッテルを貼られる
わけです。

僕はそれなりに割り切って
なるべく気にしないように
しているわけですが、

たまにふと自分の立場を
客観的にみるとものすごく
不安になっていくわけですよ。

特に、自分より年下の子とかが
就職とかでバイトを辞めてって
行く時が一番つらいわけです。

彼ら(彼女ら)はまだ若いから、
輝かしい未来が待ってるんだな。。

それに引き換え俺はこの歳まで
何やってきたんだろう。

はあ~。。マジでクソみたいな人生だ。

みたいなことを
考えてしまうんですね。

もちろん、今は自分でビジネスを
始めるという目標があるので
それなりに充実はしているんですがね。

どうしても、自分の現状を
否定してしまう瞬間があるんです。

でも、それは現在の自分から
将来の自分を想像してしまうから
起こる事なんです。

過去の事も未来の事も
考えてもどうする事も
できません。

そう、今しかないんです。
変えられるのは。

そう考えるように
なったらすごく気楽になったんですよ。

今日だけ生きればいいんだ。
なら、今この瞬間だけ
全力出せばいいんだ。

明日になれば地球は消滅してる
かもしれんしな。

女子高生も、東大生も政治家も
その辺のおっちゃんも小さな子供も
みんな消え去ってしまうんだ。

だったら、他人と比較しても
意味ないし楽しむだけ楽しんだ方が
絶対に得だな。

おーし!今から楽しむぞ!

こういったマインドセットを
できるようになったんですね。

とにかく全力でたった1日を生きれば
いいと思う事で未来や過去を考えなく
て済むわけです。

これは、超使える考え方なので
是非オススメしたいです。

行動は不安を消去する

不安なときはとにかく
行動した方が絶対にいいです。

感情をコントロールするのは
非常に難しいですからね。

行動を変えれば感情も変わるので
自分の意志で変えられる行動を
変えようぜと言う話です。

それに、人間は1度に1つの事しか
思考できません。

好きな映画の事を考えながら、
今日の晩飯なんにしようとは
考えれません。

ヒマな時って嫌な事ばかり
考えてしまいませんか?

そして悩みまくって
負のループにはまってしまう
わけです。

僕の場合、
ブログを書いている時や
ビジネスについて考えている間は
目の前の現実を忘れられます。

スポンサーリンク

特にバイト中にビジネスの
事を考えまくっています。

バイトって単純労働だから、
ほとんど頭使わないんですよ。

体は忙しいけど、
頭は超ヒマなんですよ。

そして、ヒマすぎると
俺って何のために生きているんだろ。。

俺は、レジ打つために
生まれてきたわけじゃないし
商品の品出しするために
生まれてきたんじゃない。

みたいなことを
考えてしまうわけです。

そうならないために
僕がしたのが、
頭の中でブログの記事を
作っていました。

もちろん、バイト行く前に
事前に書く内容をリサーチして
からです。

バイト中のヒマな時間、
ひたすらどういう記事を
書こうか考えて、
隙をみてメモ帳に書きまくっていました。

そうすると、
ヒマだった時間がクリエイティブな
事を考える時間に変身したわけです。

サボっていると言われれば、
その通りなんですが
頭の中までは誰もわかりませんからね。

通常の業務はキチンと
やっているのだから
それくらいは問題ないと思います。

それに、そんなヒマになるような
作業ばかりやらせる労働環境にも
問題ありますからね。

不安を減らすためには、
とにかく行動して頭の中を
忙しくさせるのが大事です。

ちなみに、もしフリーターになって
やる事が見つからない方は
ブログを書くことをオススメします。

ブログを書き続ければ資産になるので、
上手く稼げるようになれば
バイトも辞められますからね。

バイト+ブログは結構
いいと思います。

正社員だけが人生じゃないですから。

人に感謝を期待してはいけない

これも結構大事な事です。

僕も、よくあった話なんですが
誰かを助けてあげても
相手が感謝するとは限りません。

僕の昔の話なんですけど、
会社の先輩にお金を貸したことが
あるんですよ。

最初はものすごく申し訳なさそうに
頼んでくるんですよね。

お人好しの僕はしょうがなく
お金を貸してあげたんですが、
残念ながらそのお金は返ってくる
事はありませんでした。

当然僕はすごくムカつきました。

なんで、わざわざ助けてやったのに
こんな嫌な思いしなければならないんだ。。

二度と人助けなんてするか。

みたいにも思ったりしました。

まあ、この例は極端ですし
お金の貸し借りは絶対やめたほうが
いいのですが、

このように感謝を期待しても
無駄に終わる事は多いです。

でも、人助け自体は
とてもいい事でそういう人が
増えれば世界はもっとよくなる
はずです。

僕もそういう人は大好きなので
仲良くしたいですからね。

なので、感謝を期待するんじゃなくて
他人を助ける事で自分が与える喜びを
得た方がいいと本書にも書いてあります。

これは、なかなか難しい事では
ありますが僕もなるべくそう考える
ようになりました。

本当は人のために何かを
してあげるのは気持ちいい事
なんですよね。

誰かの喜ぶ顔をみてると
こっちも楽しくなってきませんか?

逆に不機嫌そうな顔している
人には近づきたくないと思います。

だから、なるべく笑顔になるように
してあげるように人助けできれば
いいと思っています。

人より成果を上げる人は人より休む

とにかく休まず働けば
成果が上がると思っている人も
いますが、それは間違っていると思います。

時には休まないと
やっていけません。

日本の悪しき風習で長時間労働を
美徳化する事がありますが、
あれはおかしいです。

長く働いても生産性が上がらなければ
意味ありません。

それに、僕の知り合いのお金持ちの人たちは、
そんなにがむしゃらに働いていません。

最小限の労力で最大の結果を
出す人ばかりです。

中には1週間に1日も働かない人もいます。
ですが、年収1億円以上稼いでいます。

つまり、しっかりと休んでいる
わけですね。

僕も極端に疲れている時は
すぐに寝てしまいます。

疲れた状態じゃろくな考えも
できないのであまり作業する
意味もないんです。

休むときは徹底的に
休んで次の日から頑張ればいいんです。

本書では人のマネをするなと書いているが・・・

本書では人のマネはよくない、
自分らしく生きようと書いてありますが、

実は、僕はこの意見には
反対です。

特になんの実績もない人には。

何でもそうなんですが、
初めは人のやっていることを
マネることから始めるべきです。

僕も、ビジネスを勉強してますが
全て成功者からパクっています。

パクると言っても、
丸パクリではありません。

本質的な部分です。

そういったコアとなる部分は
積極的にマネするべきです。

自己流なんていりません。

自分らしさを出したいなら
実力がついてからでいいです。

実力ないうちに無理にオリジナリティを
出そうとすると大体失敗しますからね。

僕の知っている人でも、
10年間ネットビジネスをやり続けても
1円も稼げなかった人を知っています。

それは、自分の力だけで
何とかしようとしてしまったからです。

でも、素直に成功者からパクりまくった
人は3ヶ月とかで月収100万以上稼いでいる
人もいます。

なので、まずは成功者のマネから
始めましょう。

【精神的につらい人推奨】道は開ける感想と要約を書いてみたまとめ

【精神的につらい人推奨】道は開ける感想と要約を書いてみた
をまとめると、

1、今日1日だけ生きる
2、行動は不安を消去する
3、人に感謝を期待してはいけない
4、人より成果を上げている人は人より休む
5、成功者のマネはどんどんする

僕はこの中でも、今日1日だけ生きる
これが一番心に刺さりました。

過去や未来なんて所詮、頭の中の
想像でしかありませんからね。

なので、考えるだけ時間の無駄
なんですよね。

それよりも、今目の前の事に
集中して生きていくのが
やっぱり一番大事ですね。

本書には、他にもたくさんいい事が
書いてありますが今回は
実際に僕が使えた知識をご紹介させて
いただきました。

本当に精神的につらい人には
是非読んでもらいたい名著です。

スポンサーリンク