Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク


こんにちは!
かぼちゃです。

クラウドワークスは本当に稼げないのか?

と疑問に思う方もたくさんいらっしゃるかと
思いますが、
それは人によるとしか言えません。

僕は、このクラウドワークスで
6人ライターさんを雇っていますが
この人は稼げるな、この人は稼げないな
と思うところがあります。

なので、こういった人は稼げない
こういった人は稼げるというところを
依頼者視点で書いていきます。

1、フリーランスの仕事を時給で考えてはいけない

中には、時給換算して仕事を
しましょうという意味不明な事を
いう人がいますが、

それは絶対に間違っています。

クラウドワークスでの仕事は、
フリーランスでの仕事です。

正社員やアルバイトみたいに、
直接雇用されるのではないので
最低賃金というものは存在しません。

簡単にいうと自営業みたいなもんです。

自営業をしている人は、
時給で働きませんよね?

時給ではなく売り上げで
自分の給料が決まります。

フリーランスでも、
同じです。

〇〇時間働いたから、
〇〇円もらえるわけではありません。

単価と案件をこなした数で
報酬が決まります。

たくさん稼ぎたければ、
単価の高い案件をこなしまくる
しかないです。

ただ、単価の高い仕事は
基本的に高いスキルが求められます。

誰も、何のスキルもない人に
高いお金は払いたくありません。

2、相場などと言うものは存在しない

これもよく聞く話なんですが、
相場をみて案件を決めよう。

こういった意見を聞きますが。

これもはっきり言って、
意味不明です。

相場なんてありません。

クライアントによって、
報酬の単価はバラバラなんで
これといった指標はないんですよ。

これに関しては、
ご自身で決めて納得して
もらうしかないです。

こんな安い値段とか、
ぼったくりだろという人
がいますけど、

だったらその仕事はやらなければ
いいんじゃないの?

と思うわけですよ。

こういった事をいっちゃう人は、
ハッキリ言って稼げない可能性は
極めて高いです。

主体性が全くないからです。

フリーランスの仕事は、
自分から積極的に行動しないと
稼げません。

例えば、
・クライアントとの交渉
・スケジュール管理
・自分を高める向上心

など

これらは、全部自分が主体的に
なってやらないと身につきません。

アルバイトのように、
ただ言われたことだけを
やっていればいいわけではありません。

手を抜けば自分に全て
跳ね返ってきますし、
信頼もなくなります。

単価交渉するにも、
相手にメリットを提示しなければ
成立しませんですからね。

メリットなしで、
「単価を上げてくれませんか?」

と言われても
こっちは上げるメリットありませんからね。

むしろ、めんどくさい事いってくる人だな
契約も今回までにしよう。
と思います。

単価を上げてもらうにはどういった
オファーをすればいいのか?
といった交渉術も学ばないといけません。

3、自宅で働いてお金を稼ぎたい人はたくさんいる

自宅で自分のペースで仕事を
したい人は、世の中にはごまんといます。

なので、ちょっと厳しい事をいいますけど、
仕事を依頼する人より
仕事を受注したい人の方が
圧倒的に多いです。

つまり、
雇われる側の方が
余っているわけですね。

クライアントからしてみても、
この人微妙だなと思われたら
他の人がたくさんいるので
その人にこだわる理由がありません。

スポンサーリンク

しかも、これから副業解禁で
クラウドソーシングで働きたい人の
数は間違いなくどんどん増えます。

アメリカでは、2020年までに
フリーランスは50%以上になるみたいです。

当然そうなってくると、
雇う側も選り好みできる
ようになるので適当な人には
仕事がまわってきません。

それに、単価が安くても
人が集まるので
どんどん誰でもできる案件は
単価は下がるでしょうね。

積極的に自分のスキルを
上げていかないと
とてもじゃないけど稼げません。

逆に言えば、適当な人が多い中
しっかりした人がいると
ものすごく信頼されます。

僕も雇う側なんでわかるんですが、
挨拶すらまともにできない人が
いっぱいいます。

挨拶が適当な人は
僕は、間違いなく不採用にしています。

ひどいものでは、
・よろしくお願いします。
・一生懸命頑張ります。

とか一言だけですからね。

いやいやあなたは誰ですか?
と突っ込みたくなります。

4、バイトと違ったメリットにも着目しよう

アルバイトと比較すると、
悪い点にばかり目がいきますが
いい点ももちろんあります。

例をあげると、
アルバイトの場合、

・決まった時間に行って決まった時間作業しなければならない
・通勤時間がかかる
・女性の場合、身支度にも時間がかかる(化粧直しとか)
・報酬も固定されている
・嫌な人がバイト先にいるとストレスが溜まる
・毎日同じことの繰り返しなので達成感がない

フリーランスの場合、

・自宅で自分の好きな時間に作業できる
・家事の合間とかの隙間時間にも作業できる
・わずらわしい人間関係に悩まなくていい
・自分の努力次第で収入を増やせる
・通勤時間がない
・自分の力でお金を稼いでいるので達成感がある
・クライアントから認められると嬉しい

など

金額面で言えば初めは
バイトの方が効率良いと思いますが

それ以外の面でもバイトとは違った
メリットはたくさんあります。

特に自分の好きな時間に
作業できて、嫌な人間関係がないのが
一番のメリットだと思います。

これは僕の意見なんですが、

最初のうちは楽しみながら
仕事をした方がいいと思います。

僕が雇っているライターさんの
中には記事を書くのがすごく楽しいです!

と言ってくださる方も
何人かいらっしゃいます。

楽しんで仕事をしてくれると
こっちも嬉しいですし、
そういった人とこっちも長期的に
仕事をしたいです。

現に、そういったライターさんには
単価をあげて継続的に仕事を依頼しています。

まとめ

まとめると、

1、時給で考えてはいけない
2、相場などと言うものは存在しない
3、自宅で働いてお金を稼ぎたい人はたくさんいる
4、バイトと違ったメリットにも着目しよう

これからは、
企業も副業を解禁して
フリーランスで稼ぐ人も
増えていくと思います。

そうなってくると、
初心者では雇われにくくなります。

なので、早めに経験を積んで
実績を上げた方が絶対にいいです。

それにライティングの仕事で
ライティングスキルを上げておけば
自分でブログなどを書くときにも
必ず役に立ちます。

そうすれば今度は
誰にも雇われずに
生きていきますからね。

もちろん何も考えずに
ただやみくもに書きまくっても
スキルは上がりませんけどね。

どちらにしても、
自分が主体的になって
勉強したり行動しなければ
いつまでたっても稼げないままです。

なので、自分を高める努力だけは
しようぜという話です。

登録がまだの人は、公式サイトから無料で登録できます。
クラウドワークス



スポンサーリンク